労働基準監督官 資格の詳細情報

5000万人の労働者の生命と健康を守り、人間尊重の基本理念に立脚した法定の労働条件を確保することを任務とし、厚生労働本省又は全国各地の労働局、労働基準監督署に勤務して、労働基準法、労働安全衛生法などに基づいて、工場、事業場などに立ち入り、帳簿・書類の点検、関係者の尋問、機械・器具の構造規格、性能及び安全装置の検査、作業環境の測定などを行い、これらについて違反があった場合には、機械・器具の使用停止などの緊急措置を命じたり、刑事訴訟法に規定する司法警察員としての職務を行います。法文系のAと理工系のBがあり。

主催区分 国家資格
受験資格 受験年の4月1日で、21歳以上29歳未満の者。21歳未満で、大学を卒業または卒業見込み。もしくは、人事院がそれと同等と認定した者。
お問い合わせ

労働基準監督官の関連資格を学ぶ

国家公務員の関連資格を探す

分野から探す


サイトマップ
スクール・講座一覧
通信講座一覧
資格一覧
体験レッスン一覧
ニュース一覧