国家公務員 一般職試験(大卒程度試験、高卒者試験) 資格の詳細情報

2012年度より公務員採用試験の制度変更によって新設された試験で、以前に実施されていた国家公務員採用2種試験(高卒者試験は国家公務員採用3種試験)に相当する試験です。大卒程度試験と高卒程度試験の2つの区分があります。的確な事務処理に係る能力を有するかを重視して行う係員の採用試験で、より人物に重点を置いた試験となっています。大卒程度試験と高卒者試験の2種類があります。このほか、採用予定がある場合に、「社会人試験(係員級)」(20歳以上40歳未満)が実施されます。

主催区分 国家資格
受験資格 【大卒程度試験】21歳以上30歳未満の者(21歳未満で大学卒業及び卒業見込み、短大卒業及び卒業見込みの者は受験可)【高卒者試験】高校卒業見込み及び卒業後2年以内の者(中学卒業後2年以上5年未満の者も受験可)
お問い合わせ

国家公務員 一般職試験(大卒程度試験、高卒者試験)の関連資格を学ぶ

国家公務員の関連資格を探す

国家公務員の資格取得に役立つスクール・講座

分野から探す


サイトマップ
スクール・講座一覧
通信講座一覧
資格一覧
体験レッスン一覧
ニュース一覧