学校・教育ニュース

学校・教育に関するニュースを、どこよりも早くお届けします。

<前の記事 | 次の記事>

高校受験での併願校の選び方

中学校では、11月から12月にかけて高校受験に向けた三者面談が実施されます。三者面談で必ず話題に上る「併願校」について解説します。

併願校とは

第一志望の高校に合格できなかった場合の進学先確保のために受験する高校を「併願校(へいがんこう)」と呼びます。ひと昔前は「滑り止め」という言い方をしていましたが、近頃は「併願校」という呼び方をします。
公立高校が第一志望の受験生にとっては私立高校が「併願校」になります。

併願校は三者面談までには決めたい

11月から12月にかけて、各中学校では高校受験に向けた三者面談が実施されます。
第一志望校に合格できなかった場合、進学先がないというのがいちばん困るので、中学校の先生からも「併願校を受験しておくように」とアドバイスされます。
私立高校の入試日は公立高校の入試日よりもおおむね早いため、併願校としてどの私立高校を受験するか、三者面談までに決めておく必要があります。

都道府県によって異なる併願入試のしくみ

都道府県によって異なりますが、併願校として受験するための基準がある場合があります。
例えば、東京都内の私立高校の「併願優遇」制度は、中学校を通した事前相談を経て出願すれば、本番の得点に加点され、ほぼ合格できるしくみとなっていますが、出願するためには内申点などの「出願基準」を満たす必要があり、三者面談ではその確認が行われます。
埼玉県でも、事前に保護者・受験生が私立高校に直接相談し、内申点や模試の偏差値が基準を満たしているか確認をする必要があります。三者面談前には、私立高校への個別相談は済ませておかなければなりません。
お住まいの都道府県の私立高校併願入試がどのように行われているのかと、お子さまの成績は必ず確認しておきましょう。

併願校を選ぶ観点

納得のいく併願校を選ぶには、どのような観点で選んだらよいか、ご家庭の方針はそれぞれ異なると思いますが、多くの受験生が以下のような観点で併願校を絞っています。

1. 自分の実力(高校の難易度)
2. 大学進学実績
3. カリキュラムや勉強する内容
4. 環境(駅から近い、新しいなど、校舎・設備の特徴)
5. 部活動・行事
6. 学費
7. 通いやすさ(通学時間)

併願校は、自分の実力に合った確実に合格できる高校を選ぶことが大切です。また、進学する可能性のある高校ですから、第一志望に合格できなかった場合でも、お子さまが充実した高校生活を送り「ここでよかった」と思える高校を探しておくのは、とても大事なことです。大学進学へのサポート体制はどうか、部活動・行事なども楽しめる高校かなど、「ここは譲れない」というポイントを親子で確認しながら併願校を選びましょう。併願校に合格できれば、第一志望校の入試にも自信をもって臨めます。

併願校に合格したら入学金を払わなければいけないの?

ひと足早く併願の私立高校に合格した場合、手続きや入学金の支払いなどを公立高校の合格発表日まで待ってくれる高校もあります。このような「延納制度」があるかないかも、併願校を決める際には重要です。(※延納制度は高校によって異なります。)
お子さまが気に入った併願校が見つかったら、出願日や入試日、合格発表日とともに、入学手続き締切日、納入金額なども確認しておきましょう。

[Benesse教育情報サイト:教育ニュース 2018年11月02日 (金) 0時00分]

<前の記事 | 次の記事>


サイトマップ
スクール・講座一覧
通信講座一覧
資格一覧
体験レッスン一覧
ニュース一覧